FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいかげん自分の計画遂行能力の低さをなんとかしたい

いろんな事が遅々として進んでなくて焦る焦るな近況ですが、11月ももう終わってしまうのでその前に急ぎ未整理絵をギャラリーに収容しました。

そして書けないままになってた49号の感想をあげときまする。最後までランボさんにしか焦点あたってないズレた感想ですまぬ。

ところでリボーンのキャラグッズはたくさんと出ておりますが、私はフィギュア系のガチャポンには燃える方です。フィギュア自体も好きなのでいつか自作とかしてみたいよねーとかぼんやり思います。それはおいといて、ガチャポン…最近出てたリボーンのシリーズで時代劇風の奴があって、忍者のランボさんと黄門様のリボーンさんがセット扱いになってる事もあって必死になってやったのですが、その本命のリボーンさん&ランボさんが全然出てこない。やはり回す人間が欲望に塗れてるせいかな、と自嘲しながらも全然自重しない勢いで回しに回して万額超え。レアバージョン(通常とレアの二種ある)はなんとか出たものの、コンプリートできないままついに自分の身近にはガチャ自体が置いてなくなってしまって涙を呑みました。仕方ないのでネット上で探してみてたら偉く価格高騰してるのを見つけて不思議に思い、調べてみたらショックな事実が判明。リボーン&ランボの種類に限って1/40の混入率なのだそうな。激レア品らしい。WHATS!?なんそれ?どういう事なの?え、だってガチャポンなんてフルコンプ狙う人が普通にいるだろうに、そんな難易度上げてどうすんの?一万費やす前に言ってくれよ。ネット買い必須ってことなのかそれ?そもそもそのキャラが好きで出るといいなって回す人の気持ちはどうなるんだよ!ていうか正にピンポイントでこいつら狙ってたんだよ!私に謝れよ!!ひどい!!!(泣)
しかし悔しく思うもどうにもならんので、いつも中古ショップとかでは安値で売り叩かれてるランボさんがガチャにはありえない額つけられてるの見れた事にとりあえず満足することにしようと今回は泣き寝入りも覚悟しました。それからしばらく、友人が自分の近所ではまだガチャ置いてるところあったよと朗報をくれた。ありがとう友!!ガチャ機の外から中を覗いてそれっぽいのを確認するというややチートをしたけど、おかげでついにゲットできたあるよ!!うれしい!うれしひよ!!(涙)

ゲットだぜ


入手に苦労しすぎて袋から出せない…。
そんな訳でもしまだ諦めずに狙ってる人、カプセルカラーは緑(レア)と半透明ブルー(普通)だよ。ご健闘を祈ります。


いろいろお尻に火の点いた状況なのでもう12月は死ぬ気で引きこもります。たぶんコミケ前頃戻ってきます。新刊出せるといいな。ほんとにな…。


以下はWJ49号とちょこっと50号の感想。

感想と言いつつお話の内容的なことは割りとスルーでランボさんの事ばっかです、すいません。

ランボさんvsらうじさんの決着はきっちりランボさんが圧倒する形の勝利で、普段へタレとかあんまし戦わないタイプの印象が強かった10年後ランボさんにしては意外性のある結果だったので、ちょっと驚きました。勝つ予想はあったのだけど、もっとぐだぐだになってギリギリ判定勝ちかな~みたいに思ってたのです。ランボさんて人は幼少の頃から現役マフィアで銃火器に慣れ親しんでたり、特異体質だったり、周りに強い人らがいっぱい居て強くならないはずがないよ将来は最強だよ、と脳内では勝手に思ってるけども原作ではあくまでお笑いムードメーカーな存在であんまり強さ描写はないんじゃないかと思い込んでました。その代わりボーナスでバトル特化の20年後が有りなのかなーとか。蓋を開けたら意外とちゃんと戦えるんですね。ていうか強かったですよね。ボンゴレギアもしっかり使いこなしてるし。死ぬ気の炎、自力で出せないんじゃないかとかこっそり心配してたのはとんだ杞憂でした。これ記憶が飛んでボンゴレギアの使い方忘れてなかったらヘタレることさえなく勝利できたってことなのかしら?あの戦う前の強気の啖呵は意外にも実力と自信に裏打ちされたものだったのかもしらんね?すげえじゃん、ランボさん。ちょっと見直しちゃった。まあメンタルはまだまだ弱そうだから、きっと失敗も失態もたくさんあるんだろうなと思うけれど。でも10年後のあのヘタレ君が20年後のあの安定した成熟版ランボさんになるまでのとっかかりというか、片鱗を垣間見れたような気がしました。ああ、磨けば光るランボさんなり。

晴れて勝利した後のメットはずす時のランボさんはイケメン過ぎますね。こういう晴れ晴れとした笑顔初めてだよ。マジイケメン!この号、ランボさんの印象的な表情がすごい多くて嬉しい。そしてやっぱりどこかへタレなのも可愛い。何度でも言うけどおめでとうランボさん!勝って良かった!

ところでランボさんて対する相手との立場で口調が変わる人なんですね。ボンゴレの人たちに向ける発言がほとんどだったからか普段から敬語イメージ強くてあんまり気づかなかったんだけど、らうじさんがシモンの絆と炎真さんへの信頼を口にする場面でランボさんがらうじさんに質問する口調、その後に逆にらうじさんからツナのボスの資質を問われた時の口調もだけど、すごくフランクだ。これが地の喋りっぽいよね。思い返すに、初登場回でリボーンに対して向けた台詞とか、イーピンちゃんと一緒に道場破りに対峙した時もこんな口調だったような。らうじさんに対してはずっとこうだし、特に敬意の対象じゃない(対等な立場?)相手への素の喋りはこうなんだなあ。ランボさんは私の中で性格男くさい人なイメージだったんだけど、改めてかなり男っぽい印象だよ。伊達男だけある。「あんねぇ」も可愛かったけど「ん」とか「いんや」とか言うの可愛い。そういえばイーピンちゃん相手の時もヘタレ幼馴染風で敬語じゃないよね。いろんな人ともっと喋って欲しいなあ。

らうじさんの質問とランボさんの回答は大好きなんだけど、ハッキリ言ってらうじさんは質問の相手を間違えたと思うよ。ツナさんのボスとしての資質を問われて「いい兄ちゃん」と答えるランボさん。可愛い!キュンとした!ここ表情もすごく好き!だけど回答になってないよ。ボスの資質スルーだよ。まあ、元より他ファミリー者で二束のわらじなランボさんに聞くのが悪かったんだよ。でも10年後ランボさんがツナさんをボスとしてより兄ちゃんとして見てるのは個人的には凄く嬉しいんだ。微笑ましいよねこの二人の関係って。ツナさんはショック受けてたっぽいけど。(笑)今はうるさくて手のかかる携帯枕な存在でしかないランボさんだけど、いつかはツナさんにとっても「可愛い弟」になっててくれるといいなあ。

らうじさんはあんな回答だったというのに意外と感銘を受けてくれた模様。ランボさんはテストで正答から外れた答えを書きながら先生に評価されるタイプですかな。ボンゴレの事は認められないけれど、ランボさんの事は認めると言ってくれたらうじさん。この時のらうじさんとランボさんの表情は凄く印象深くて何だかハッとさせられます。ランボさんは最後までらうじさんの事を思い出せないままだったけど、それともあの時何かを思い出せたんだろうか。10年後のランボさんとらうじさんの関係はどうなっているんだろう。戻ってきた子供のランボさんがらうじさんを探してた様子を見ると、やっぱりそばには居ないのかもしんない。もしかしたら復讐者に連れてかれたあのまんま獄中な可能性もあるんだよね。正直に言うと自分はらうじさんが5歳のランボさんをフルボッコした、その件に関してだけはやっぱり許容できない。でも今回の戦いの末、ランボさんの事を認めてくれた事は素直に嬉しい。だからこの二人にはここから改めて友情を築いてくれるといいなあと思います。10年後ランボさんが戻った世界で、近くでも遠くからでもらうじさんがランボさんの事を見守っててくれると嬉しいな。ランボさんがらうじさんの事を気にして訪ねて行くのもいいかもしんない。夢が膨らみます。つまり、らうランもイイよねってことさ!

認めるよ



ところでらうじさん、最後にして「ランボさん」呼びに戻りましたね。
ランボさんの事を認めた上でのさん呼びという事は、表現通り敬意を込めてのさん呼びになるのかな?未来編でもさ、正ちゃんがランボさんをさん付けで呼んでたけれど、私はてっきりランボさんが自分自身の事をさん呼びするものだから単にそれが移ったんではないかとか思っておったよ。でも今回10年後ランボさんが出てきた冒頭ではさん呼びしないでくれとか言ってるし、自分から称してじゃないんだとすると、それって勝手にそう呼ばれてしまうという事もしかして。ええと…じゃあ、何?もしかして皆ナチュラルにマジリスペクトっすよランボさんなの??え…ガチなの?じゃあもしかすると皆は本気で、ランボさんヤバイっすよ、カッケーっす、超ビッグな男っすよね、オレ一生ついてくっすとかなってたりするかもなの?すげーよランボさん。ああ、なんか…やっぱりおらの目に狂いはなかったよ。おらも一丁、ランボさんが将来全世界を跪かせる日がくることに全財産賭けて破産してくるよ。もう一生ついてくっす!


すみません。放っておくとどこまでも増長しかねないです私。

しかし48号でリボ→→→→→←ランが脳内で自然に成立するようになってしまったので、49号のリボーンさんのニコニコ具合とか見ると普通にランボさんにメロメロでにやけ面になってるように見えてしまってもう私は本当に末期です。てかあんなにニコニコなリボーンさんて珍しくないかい?もういいよ、リボランは私の中ではジャスティスなのです。ランボさんが無事勝てて連れてかれなくて良かったねリボーンさん!珍しく戦闘に口出しまでしちゃったもんね!「オレの責任」だよね!取る気満々なんだよね、責任!期待してるよ!ハハハン!

なにはともあれ、お疲れ様ランボさん。
勝利おめでとう!
素晴らしく濃い5分間をありがとう!
あれほんとにバズーカが壊れて延長されてたんじゃなかったんだろうか。またそう遠くなく出てきて欲しいなあ。今度は20年後もね!(懲りないな)

私も、ランボさんの事はいつも認めてるあるよ!

今回のバトルの総括:ランボさんの魅力を改めて色々発見できました。ランボさんは本当に最高に可愛いです!そして今一番気になること。あのとうもろこしは誰から貰ったんだいランボさん。教えてくらさい!


=============================
49号最後の白蘭さんが気になって50号も読んでみたら、白蘭さんは出てなかったけどランボさんちょこっとだけ出ててつい買ってしまったのでついでに感想。

ランボさんがいつも通りの元気で能天気なアホたれガキに戻っていて安心したよ。小憎らしいランボさんに切れた獄寺くんに荷物縛りされるランボさんの様子が可愛い。グッジョブなリボーンさんに笑います。そして当然ながら、このランボさんが10年後のあのランボさんの言うような想いを抱いているのかと疑問に感じるツナさん。ここのリボーンさんの回答には激しく萌えました。だって0.1%位はって…。48号の感想で「マジあいつ何も考えてねーよ。100%アホの子だよ。」と言い切った私よりもはるかに愛のある解釈ではないですか!(笑)どうしようリボランだね!いいよいいよ、そのランボの事を誰より理解してるオレな発言!リボーンさんが言うならきっと0.1%はあるんだよね!信じるよ私!ランボテイマーはツナさん、ランボキャプターは獄寺くんに、そしてランボマスターの称号は堂々あなたに捧げるよ、リボーンさん!

獄寺くんvsしとぴっちゃんも楽しそうだね。しとぴっちゃんの格好セクシーだなあ。アーデルハイトさんとかも胸ほぼもろ出し状態に見えるんですけど、ランボさんがアウトなのにあれはセーフになるんですか?誰も止めてあげないのん?それにしてもランボさんの対戦相手がしとぴっちゃんやアーデルハイトさんとかだったら100%なす術もなくランボさんが負けてたんだろうなあ。そう思うとそんな対戦も凄く見てみたかった気がするのです。



最後に。冒頭の所だけど神妙にらうじさんの健闘を讃え、敗戦を受け止めるシモンの人たちには少し感動しました。あのバトルって結果だけじゃなくてなんか中継とかされてて他の皆に伝わるようになってるのかな?だってさもなければ疑問ていうかもっと別の意味で取り乱してもいいんじゃない?だって対戦相手が5歳のアホ幼児。いくら才能あっても外見も(?)中身も本当に幼児。どう考えてもこの対戦カードの中では意識不明の重態で入院中の山本さんに並ぶ最安牌。大事な事なので私が炎真さんなら三回は訊くな。

「え?どうやったら負けるの?」

炎真さんのボスとしての度量は確かに凄いのかもしれないと思いまひた。
スポンサーサイト
トラックバックURL
http://syrahsalt.blog87.fc2.com/tb.php/69-c63c4d7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。